鳥取看護大学

トップページ > 大学からのお知らせ > 鳥取看護大学における新型コロナウイルス陽性者の発生について【第2報】

鳥取看護大学における新型コロナウイルス陽性者の発生について【第2報】

令和3年4月13日(火)12:30掲載

令和3年4月10日(土)の鳥取看護大学の学生1名の新型コロナウイルス感染を受け実施した接触者のPCR検査の結果、鳥取看護大学の教員1名(無症状)の陽性が判明しました。判明した事実および本法人の対応は、以下のとおりです。

1.陽性者

鳥取看護大学の教員1名
(性別、年代、居住地は非公表)

2.経緯

令和3年4月12日(月)に接触者103名(学生・教職員)に対してPCR検査が実施され、同日21時30分頃保健所から上記のとおり、教員1名が陽性との報告を受けました。濃厚接触者については、全員陰性であったと別途報告も受けております。

3.感染経路や接触者の範囲

現在、保健所で調査が行われており、その指示に従います。
なお、現時点では最初の陽性となった学生との接点が少ない教員であり、学内感染の可能性は低いと考えています。

4.今後の対応について

■鳥取看護大学
オンライン授業の期間について、当初4月13日(火)から4月16日(金)を予定していましたが、1週間延長し4月23日(金)までとします。
■鳥取短期大学・鳥取短期大学附属こども園
現時点では当該陽性者との接触が薄いため、引き続き通常通りとします。
※なお、教員および関係者への配慮と個人情報保護のため、氏名等は公表いたしません。今回、陽性となった教員の一日も早い回復をお祈りするとともに陽性者やその家族の人権尊重にご理解とご配慮をお願いいたします。
以上
 
本件に関する
問い合わせ先
学校法人藤田学院 事務局長 森田
TEL 0858-26-1811

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ