トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > 育成する人材像・5つの看護力

育成する人材像・5つの看護力

    地域に根ざした4年制の看護大学として 専門性と実践力を備えた看護職を育みます

    育成する人材像

    〈1〉専門的な基礎知識と技能をもち、豊かな人間性で患者に寄り添う人材

    豊かなコミュニケーション力、人間に対する深い洞察力、社会的倫理観、そして人に寄り添う温かな感性を持つ人材を育成します。

    〈2〉地域医療・在宅医療を支える人材

    地元山陰の地域特性をふまえ、高度医療はもちろん、地域医療・在宅医療を支え、多職種と連携・協働する人材を育成します。保健師教育も担います。

    〈3〉地域で働くことに喜びと誇りをもつ人材

    地元に愛着と誇りをもち、地域のさまざまな医療分野で、人びとの命と健康を支えることに喜びを感じる人材を育成します。

    看護学部 学部長
    前田 隆子

    看護はあらゆる年代の人びと、家族、集団、地域社会を対象にします。そして健康の保持・増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和をめざします。日本は超高齢社会となり、病気を抱えながら地域で生活する人が増え続けています。地域にあって、ひとの心に寄り添い、向き合い、生きる力を引き出し、確かな知識と技術をもって人びとの健康レベルを高めていける医療人が求められています。
    鳥取看護大学では、こうした期待に応えられ、信頼される看護の専門職になるための基礎教育を行います。新しい学問との出会い、新しい友人や教職員、地域の人びととの交流を楽しみながら、有意義な大学生活が過ごせることを願っています。

    育成する力 ~「5つの看護力」~


    「3つの育成する人材像」を教育理念に据えた上で、
    看護専門職に携わるものとして、次の「5つの看護力」を育てます。

    向き合う力 広い視野と人を思いやる豊かな人間性を養い、人生の問題や課題に誠実に向き合う力を育成します。
    寄り添う力 高い倫理性と堅固な使命感をもって生き抜き、人に寄り添う力を育成します。
    論理的に看護実践する力 専門的な基礎知識と論理的思考にもとづいて看護実践する力を育成します。
    連携・協働する力 チームワークを重んじ、創造的に多職種と連携・協働する力を育成します。
    地域とともに歩む力 病院から地域・在宅へと療養の場が移るなかで、地域で暮らす人びとの健康と生活を支え、地域とともに歩む力を育成します。

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ