トップページ > 大学概要 > 教育方針・ポリシー

教育方針・ポリシー

 本学は、「地域に貢献する人材育成」という建学の精神にもとづき、どのような人材を育成するかについて、以下のように学則および「本学がめさず人材育成(基本理念)」を定めています。そして本学がめざす人材育成にもとづいて、ディプロマポリシー(学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を定めています。

学則第1条

 鳥取看護大学 (以下「本学」という)は、教育基本法ならびに学校教育法に基づき、保健医療に関し、深く専門の学芸を研究教授し、豊かな教養と専門学術および職業に必要な能力を修得させ、学生が自らの人格を培うことを援助し、地域又は社会における保健医療及び福祉の向上に貢献する人材を育成するとともに看護学の発展に寄与することを目的とする。

本学がめざす人材育成(基本理念)

 本学は、地域に根ざしたヒューマンケアを実現するために、以下の3つの人材育成を教育の基本理念としてかかげます。

  1. 専門的な基礎知識と技能を持ち、豊かな人間性で患者に寄り添う人材

     感性豊かなコミュニケーション力、人間に対する深い洞察力、社会的倫理観、そして人に寄り添う温かい感性を持つ人材を育成します。

  2. 地域医療・在宅医療を支える人材

     地元山陰の地域特性を踏まえて、高度医療はもちろんのこと、地域医療・在宅医療を支え、多職種と連携・協働する人材を育成します。保健師教育も担います。

  3. 地域で働くことに喜びと誇りを持つ人材

     地元に愛着と誇りを持ち、地域のさまざまな医療分野で人びとの命と健康を支えることに喜びを感じる人材を育成します。

【ディプロマポリシー】(学位授与の方針)

広い視野と人を思いやる豊かな人間性をはぐくみ、人生の問題や課題に誠実に向き合う力
  • 人とその人の生きる社会や文化、自然について思考するための、豊かな教養と温かな人間性を備え、学際的で幅広い知識や思考力を身につけている。
  • 自身の今ある課題を的確にとらえ、その課題に注力して生き抜く集中力を身につけている。
  • 生命への尊重と人生の問題を探究するための柔軟な想像力を身につけている。
高い倫理性と堅固な使命感をもって生き抜き、人に寄り添う力
  • 援助的な人間関係を築くための高度な傾聴の態度とコミュニケーション能力を修得している。
  • 個人の権利と多様な価値観を理解し、高い倫理観を備えた人間性を身につけ、看護の対象となる人々への深く温かい理解と擁護の姿勢を示すことができる。
  • 常に看護専門職としての社会的責務を自覚しつつ行動し、生涯にわたり主体的に学ぶ姿勢を持ち続けることができる。
専門的な基礎知識と論理的思考にもとづいて看護実践する力
  • 看護の対象となる人や社会を理解するための、人間、健康、環境に関する知識や技術を体系的に身につけ、健康の増進、疾病の予防、健康回復、苦痛の緩和に関する方法を策定できる。
  • 看護の対象となる人についての情報を客観的に整理、分析し、科学的根拠を基盤にした看護を展開することができる。
  • 科学的知識や方法論を修得し、専門性の高い看護実践や看護研究に発展させていくことができる。
  • 専門職として看護現象を科学的にとらえ、看護の本質を探究することができる。
チームワークを重んじ、創造的に多職種と連携・協働する力
  • 保健・医療・福祉の現場において、対象が利用可能な様々な社会資源を探索する力を備える。
  • 保健医療チームの一員として他の専門職の専門性を尊重しながら調整を行うことで連携・協働し、対象者のQOLの向上に貢献できる。
病院から地域・在宅へと療養の場が移るなかで、地域で暮らす人びとの健康と生活を支え、地域とともに歩む力
  • 地域の健康に関する課題を、科学的に分析・考察するとともに、地域の方々と共に語り合い共有することができる。
  • 地域の一員としての意識を高く持ち、自らの所属する地域の発展のために、看護専門職として貢献する方策を探求できる。
  • 看護提供組織や地域ケア体制構築のため、地域の社会資源との連携・協働について提案することができる。
  • 地域の概念に関し、ローカルからグローバルまで柔軟にとらえる視点を備えている。

【カリキュラムポリシー】(教育課程・実施の方針)

 本学は、学位授与の方針に掲げる知識・技能・態度などを修得させるために、基礎分野、専門支持分野、専門基礎分野、専門実践分野、地域包括支援分野、看護統合分野および保健師教育分野の7つの分野からなる科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講することで以下の能力の修得を目指す。

  1. 多様な学問に触れて、広い視野と豊かな人間性を育み、生命の尊厳・人権の尊重を遵守する能力を養う
  2. さまざまな課題や状況に誠実に向き合うことができる能力を培う
  3. 看護の対象となるひとを「からだ」「病い」「こころ」「社会」という側面から総合的に理解し、人びとに寄り添う力を育む
  4. 看護職に求められる専門的知識・技術・態度を学び、確かな看護実践力を身につける
  5. 近年の予防医療・地域医療・在宅医療に対応し、看護者として主体的に連携・協働して活動できる基礎的能力を育てる
  6. 国際的な視点を育みつつ、郷土のさまざまな保健・医療・福祉で人びとの命と健康を支え、看護を探求し続けることができる能力を培う

【アドミッションポリシー】(入学者受入れの方針)

【本学が求める入学者】

 本学は、「本学がめざす人材育成(基本理念)」にもとづき、以下のような能力と資質を有する人を求めています。

  1. 看護職につきたいという強い気持ちを持ち、誠実に努力し前向きに学ぶ姿勢を持っている。
  2. 専門的な知識や技術の修得に必要な基礎学力を有している。
  3. 看護の職業人として地域に貢献しようとする意欲を持っている。

【本学で学ぶために身につけておいてほしい資質・態度・学力】

 本学の看護専門分野を学ぶために、高等学校の教育課程を確実に修得しておくことが求められます。なかでも、とくに以下のような資質・態度・学力を身につけておく必要があります。

(資質・態度)
  1. 看護職につきたいという強い気持ち
  2. 自分の健康状態や生活習慣を自ら律する自己管理力
  3. 入学後必要となる学修に主体的に取り組める学習習慣
  4. 円滑な人間関係を築くために必要なコミュニケーション力・対話力
  5. 人を思いやり、他者と連携・協働する基礎的資質としての協調性
  6. 自分が住む地域に愛着をもち、地域に貢献したいという意欲
(学力)
  1. 文章の読解力や表現力を培うために必要となる国語の基礎学力
  2. 国際交流や国際社会への関心と言語表現としての英語の基礎学力
  3. 論理的思考を培うために必要となる数学の基礎学力
  4. 人体の生命現象や生命倫理を理解するために必要となる生物・化学の基礎学力

【入学試験の選考方針】

 高等学校で修得した基礎学力・基礎知識を多面的・総合的に評価し、選抜するために、推薦入学試験(指定校推薦・公募推薦)、一般入学試験(前期・中期・後期)、センター試験利用入学試験、社会人入学試験といった、多様な選抜方法を実施しています。

推薦入学試験

 高等学校での学習および課外活動において高等学校長からの推薦がある人を対象とします。
 調査書、志望理由書、小論文、面接によって、基礎学力や適正な資質が備わっているかを確認します。

一般入学試験

 高等学校で修得すべき基礎学力を十分に持っていて、看護職として地域で活躍し地域に貢献したいと考えている人を対象とします。
 調査書、学力試験、面接によって、基礎学力や適正な資質が備わっているかを確認します。

センター試験利用入学試験

 高等学校で修得すべき基礎学力を十分に持ち、かつ看護職に必要な教科において優秀な成績を修めた人を対象とします。
 調査書、志望理由書*、センター試験の成績によって、基礎学力や適正な資質が備わっているかを確認します。(*平成30年度入試から「志望理由書」を追加。)

社会人入学試験

 すでに高等学校を卒業して社会人としてさまざまな経験を有した上で、さらに看護職への転身を志し、看護職として地域で活躍し地域に貢献したいと考えている人を対象とします。 志望理由書、小論文、面接によって、基礎学力や適正な資質が備わっているかを確認します。


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ