鳥取看護大学

トップページ > 大学概要 > ごあいさつ

ごあいさつ

理事長あいさつ

理事長写真

AI 時代だからこそ、一層

学校法人藤田学院 理事長 山田 修平

令和新時代が始まって2年。少子高齢化、グローバル化、そして特に無人運転の車に象徴されるAIの進展。現在の職業の50%以上は消える、また消えないまでも、大きく内容が変わってくると言われます。医療の分野でも、従来職人的技術を必要とした医師による手術の多くは、ロボットが行う日も遠くないでしょう。だとしても、それだけで、患者さんはよくなるでしょうか。それ以前に、そうした医療を安心して受けられるでしょうか。十分な専門知識、技術の裏付けを持ち、豊かな感性を有した看護師さんが寄り添ってこそ、ロボットによる高度な手術は意味を持ちます。AI進展の時代だからこそ、一層必要となる看護師さんを、創立6年目の鳥取看護大学は、心をこめ育みます。それは時代のそして地域の要請でもあり、なにより患者さんのためにです。

学長あいさつ

学長写真

挑戦して成長しよう

学長 近田 敬子(ちかた けいこ)

鳥取看護大学は、二回目の卒業生を看護界に送り出しました。地域に看護大学の足跡を少しずつ累積しているところです。大学が特徴としている地域志向型の実習やボランティア活動などから得たマインドを、これからの看護実践に大いに活かしてほしいと願っています。少子・高齢・多死時代、看護にかかわる社会的要請が大きく変化しています。10年後・20年後は、もっと激変することでしょう。未知の世界に生きる若者にとって、新たな現象に対応して看護を改革していく力が求められます。周りとの関係性を大事にしながら、受け身ではなく挑戦する力が必須です。そのための基礎カ・思考カ・実践力を身につけていきましょう。このことを困難と捉えるか、夢の創出と思うかはあなた次第です。挑戦して成長しましょう。


お問い合わせ先

鳥取看護大学事務室 総務係

所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
TEL:0858-27-2800(代)
FAX:0858-27-2803
e-mail:tkango@ns.tcn.ac.jp


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ