トップページ > 就職・国家試験 > 国家試験対策

国家試験対策

    目標とする“全員合格”に向けて教員が4年間を通じて支援する

    国家試験対策本学では、国家試験の全員合格をめざし、専門講師によるガイダンスや集中講義、模擬試験を実施するなど、万全の体制で国家試験対策を展開していきます。

    合格の決め手となる授業の充実に休暇中の特別講習や学外模試などを加え、学年全員の国試合格を実現します

    看護師・保健師の国家試験は、日頃の授業をとおして得る知識によって合格できます。しかし、それには知識を定着させるための自主学習が不可欠であり、本学ではクラス担任やチューター教員の日常的なサポートにより、学生自ら学ぶ姿勢を高めていきます。また、医学・看護学の基盤となる解剖学や生物学を専任教員が熱心に教えているのも本学の強みであります。さらに専門科目・演習・臨地実習を段階的に学ぶことにより確実に知識を定着させ、国家試験受験に向かうことができます。4年間をとおして模試、特別講習、教員による対策講座、個別面接指導、学生の国家試験対策委員主体の勉強会と合格に向けたサポートは“万全”と自負しています。

    地域包括支援看護学領域 准教授 石橋 文枝

    看護師・保健師 国家試験対策の主なプログラム

    1 年次

    • 4年後の国家試験受験に向けた本学の取組(対策)に関するガイダンスを実施することで自主学習への意識を高めます。特に日々の学習習慣の定着化を図ります。

    2年次

    • 低学年生を対象とする国家試験の業者模試を受験、解答解説を含む学習方法に関するガイダンスを行います。1年次に引き続き日々の学習習慣を確かなものにしていきます。

    3年次

    • 看護師国家試験の問題集に基づき、講義・演習・実習と連動した活用法に関するガイダンスを行います。
    • 看護師国家試験の業者模試を年2回実施し、結果に基づく個別指導を行います。学年末には国家試験受験後の4年次生との交流会を行い、直接体験談を聞くことにより今後の受験に向けての士気を高めます。

    4年次

    • 保健師国家試験の問題集に基づき、同受験に対するガイダンスを実施します。
    • 看護師国家試験の業者模試を8回、保健師国家試験の業者模試を3回実施し、結果に基づく個別指導を行います。
    • 学外の国家試験対策専門講師による講習を4月から計画的に実施します。


    国試対策1 国試対策2 国試対策3


    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ