トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

    未来の自分を、本気で育てる

    未来の自分を、本気で育てる

    いま、看護の現場は病院だけでなく地域に大きく広がっています。「住み慣れたまちで安心して暮らし続けたい」。そんな人々の思いから、鳥取看護大学は誕生しました。

    学びのなかで地域に飛び込み、じかに人々とふれあい、先達に教えを乞いながら、みなさんは寄せられる期待の大きさと、成長を支えてくれる温かさを感じることでしょう。看護職は、相手に深く寄り添い、豊かな人生を支える大きなやりがいと喜びのある仕事。

    そこへ至る道のりは、決して平坦ではありません。ひたすら己と向き合い、人としての魅力を深める道です。くじけそうになることもあるかもしれません。私たち鳥取看護大学は、一人ひとりの思いを全力で受け止め、寄り添って、新たなステージへと導きます。

    4年後、みなさんは自信と誇りという翼を得て、大きく羽ばたいて行くことでしょう。
    自分を信じ、そして私たちを信じて、ここから人生の扉を開いてください。

     

    ここからだ、あのころ描いた未来の自分。

    ここからだ、あのころ描いた未来の自分。

    「夢」をつかむ

    ■看護学科2年 Iさん(鳥取県出身)
    高校2年生のとき、膝の半月板損傷で入院。話し相手の看護師さんはいつも優しく、人を笑顔にできる、頼られる仕事に私も就きたいと思いました。
    道をめざすなら最先端をと、県内外で検討し、地元の新設校である鳥取看護大に。
    勉強はたいへんですが、ずっと学びたかったことに取り組んでいる充実感があります。
    「頼まれごとは試されごと」を座右の銘に、望まれる以上の仕事をする看護職をめざします。

    「将来」をきずく

    ■看護学科2年 Yさん(島根県出身)
    一秒を争う、救急救命の現場。そんな憧れを看護師に抱いていました。
    いざ勉強を始めると、看護職ニーズの多様性に驚かされました。
    地域の人々の健康サポート、在宅看護、小児、老年、成人、精神…、いままで思いもしなかった将来の選択肢が目の前に大きく広がっていく。
    未来の自分はどこにいるのか、とても楽しみです。

    「人」をみがく

    ■看護学科1年 Nさん(鳥取県出身)
    4年制の大学なら、専門性に加え、幅広い教養も身につけられる。 そう期待して鳥取看護大に入学しました。長い夏休みを利用して、ボランティア活動やサークル活動などにも取り組んでいます。 いつしか以前より物事を主体的に考え、意見を発言する自分に気づきました。 もっと成長したい。もっと学びたい。あふれる意欲に胸が高まります。
     

    見えてきた、地域の中の現在の自分

    見えてきた、地域の中の現在の自分

    「地域」をおもう

    ■看護学科4年 Tさん(鳥取県出身)
    入学したころ、看護職とは病院で治療中の患者さんとのみ接するものだと思っていました。 ですが、地域での実習を重ね、多くの方と接して、入院前も退院後も切り離せないその人の人生であり、そのすべてに寄り添うのが看護職だと理解しました。 地域の人々のために何ができるか考えた末、赤ちゃんからお年寄りまで関わる保健師をめざし、地元での採用が決まりました。大学での学びを胸に、一人ひとりの背景を尊重し、健康や、心豊かな暮らしを支えたいと思います。

    初めての「まち保」は話が弾んで地域が身近に!

    ■看護学科1年 Hさん(鳥取県出身)
    初めての「まちの保健室」は、骨密度測定の補佐。 参加された方から声をかけていただいて、とても楽しい時間でした。健康への意識の高さや、病院が近くにないなど個別の事情をうかがい、看護職が積極的に地域に関わる大切さを感じました。

    直に触れ合ってこそ、一人ひとりの人生が見える。

    ■看護学科2年 Nさん(鳥取県出身)
    郊外の公民館で健康への取り組みについて取材した際、暮らす地域の特性が個々の意識の背景にあると実感しました。その日はイベントが催され、子どもたちとも触れ合えて、公民館の活動を広く学ばせていただきました。この経験を将来に活かしていきたいと思っています。

    学生でも看護職として見られる眼差しに、気が引き締まりました。

    ■看護学科3年 Sさん(島根県出身)
    3年生は「まちの保健室」でミニ講話を実施します。まだ学生である自分たちの話に真剣に耳を傾けて、一人前の看護職のように頼ってくださり、地域から寄せられる期待の大きさを改めて自覚ました。高齢化が進むなか、まちに笑顔を増やし、地域を盛り上げるのが目標です。

    4年間学びを支えてくださった地域に感謝し、これから恩返しを!

    ■看護学科4年 Hさん(鳥取県出身)
    健康な生活があって、病気の影響を知る。そのプロセスを理解して初めて相手と向き合える。大学4年間でそのことを段階的に学ばせていただきました。それは、地域の方の協力あってこそ。心から感謝し、来春から保健師として一人でも多くの方の健康向上に努めます。

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ