鳥取看護大学

トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

    未来の自分を、本気で育てる

    いま、看護の現場は病院だけでなく地域に大きく広がっています。「住み慣れたまちで安心して暮らし続けたい」。そんな人々の思いから、鳥取看護大学は誕生しました。

    学びのなかで地域に飛び込み、じかに人々とふれあい、先達に教えを乞いながら、みなさんは寄せられる期待の大きさと、成長を支えてくれる温かさを感じることでしょう。看護職は、相手に深く寄り添い、豊かな人生を支える大きなやりがいと喜びのある仕事。

    そこへ至る道のりは、決して平坦ではありません。ひたすら己と向き合い、人としての魅力を深める道です。くじけそうになることもあるかもしれません。私たち鳥取看護大学は、一人ひとりの思いを全力で受け止め、寄り添って、新たなステージへと導きます。

    4年後、みなさんは自信と誇りという翼を得て、大きく羽ばたいて行くことでしょう。
    自分を信じ、そして私たちを信じて、ここから人生の扉を開いてください。

    ここからだ、あのころ描いた未来の自分。

    「夢」をつかむ

    ■看護学科 Iさん(鳥取県出身)
    高校2年生のとき、膝の半月板損傷で入院。話し相手の看護師さんはいつも優しく、人を笑顔にできる、頼られる仕事に私も就きたいと思いました。
    道をめざすなら最先端をと、県内外で検討し、地元の新設校である鳥取看護大に。
    勉強はたいへんですが、ずっと学びたかったことに取り組んでいる充実感があります。
    「頼まれごとは試されごと」を座右の銘に、望まれる以上の仕事をする看護職をめざします。

    「将来」をきずく

    ■看護学科 Yさん(島根県出身)
    一秒を争う、救急救命の現場。そんな憧れを看護師に抱いていました。
    いざ勉強を始めると、看護職ニーズの多様性に驚かされました。
    地域の人々の健康サポート、在宅看護、小児、老年、成人、精神…、いままで思いもしなかった将来の選択肢が目の前に大きく広がっていく。
    未来の自分はどこにいるのか、とても楽しみです。

    「人」をみがく

    ■看護学科 Nさん(鳥取県出身)
    4年制の大学なら、専門性に加え、幅広い教養も身につけられる。 そう期待して鳥取看護大に入学しました。長い夏休みを利用して、ボランティア活動やサークル活動などにも取り組んでいます。 いつしか以前より物事を主体的に考え、意見を発言する自分に気づきました。 もっと成長したい。もっと学びたい。あふれる意欲に胸が高まります。

    見えてきた、地域の中の現在の自分

    「地域」をおもう

    ■看護学科 Fさん(鳥取県出身)
    子どものころ、弟を優しく看病してくださった看護師さんに憧れて、この道へ。しかし看護職の活躍の場は、病院だけでなく患者さんの人生のすみずみにまであると、この大学と地域の方々に教えていただきました。住まいの環境や、ご家族、地域での居場所…退院後も続く患者さんの生活に思いを巡らせ、より豊かな人生に貢献したい。そして、心に寄り添える看護をしたい。4 月から病院の看護師。理想に向かって励みます。

    「地域」に寄り添う看護は、「世界」でも生きるはず。

    ■看護学科 Mさん(鳥取県出身)
    いま地域に寄り添う医療・看護が求められていると感じ、「まちの保健室」がある鳥取看護大学へ。高校生のときラオスの医療を見学した経験から、海外での活動にも興味があります。地域や文化を理解した上で接するという大学での学びは、世界でも生きる。そう思いました。

    退役後もハツラツな地域の人から、元気を分けてもらえた。

    ■看護学科 Kさん(鳥取県出身)
    高齢の方に対し抱いていたイメージと異なり、フィールド体験実習で出会った地域の方々は驚くほど元気でした。もし病気になられても、趣味や運動を楽しみながらご近所で助け合う、いまの暮らしに戻られることが看護の目標であると教えていただきました。

    直に触れ合ってこそ、一人ひとりの人生が見える。

    ■看護学科 Nさん(鳥取県出身)
    郊外の公民館で健康への取り組みについて取材した際、暮らす地域の特性が個々の意識の背景にあると実感しました。その日はイベントが催され、子どもたちとも触れ合えて、公民館の活動を広く学ばせていただきました。この経験を将来に活かしていきたいと思っています。

    学生でも看護職として見られる眼差しに、気が引き締まりました。

    ■看護学科 Sさん(鳥取県出身)
    3年生は「まちの保健室」でミニ講話を実施します。まだ学生である自分たちの話に真剣に耳を傾けて、一人前の看護職のように頼ってくださり、地域から寄せられる期待の大きさを改めて自覚しました。高齢化が進むなか、まちに笑顔を増やし、地域を盛り上げるのが目標です。

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ