トップページ > 学部・大学院 > 大学院 [平成31(2019)年4月開設]

大学院 [平成31(2019)年4月開設]

バナー

1.大学院の概要

開設年月:平成31(2019)年4月
入学定員:5名
修業年限:2年
学位:修士(看護学)
設置場所:鳥取看護大学と同敷地(鳥取県倉吉市福庭854)
その他:長期履修制度・夜間開講あり

2.教育の特色

育成する人材像,コース

看護学の研究的背景を基盤に、日本・海外の如何にかかわらず、対象の属する文化・社会的背景と健康問題や健康に関する強みを理解した上で、それぞれの専門分野の視点からケアを構築する研究的視点を持つ実践看護者を養成します。
研究背景に沿ったコースとして設置する専門分野は、①地域イノベーション看護 ②地域メンタルヘルス看護 ③地域家族子育て支援看護 ④国際地域看護 の4分野です。

①地域イノベーション看護

在宅を基本とした、住み慣れた地域での生活継続を支援するため、健康の保持・増進および健康の課題解決に向けたセルフケア能力の向上、地域力の的確な判断を基に地域をエンパワメントする実践力、生活の安全・安心・健康確保のための有効な地域包括ケアのシステム構築を試行できる能力を備えます。また、地域での暮らし・生活を支えつつ、地域を活性化させ、社会的に大きな変化をもたらす能動的・持続的イノベーションが起こせる人材を育成します。

②地域メンタルヘルス看護

現在、メンタルヘルス不調者や、ギャンブル・違法薬物・性などの依存症が急増しています。一方、精神疾患を持つ人々が地域で生活し、仕事や役割をもって生きていくことは地域の重要課題でもあります。本コースでは精神疾患を持つ人だけではなく家族や近隣、職場の人々といった地域全体を看護の対象とし、地域の文化、生活背景を尊重したメンタルヘルス健康生活の支援と不調者の予防を意図した研究を行い、精神疾患患者の地域移行支援を支え、地域に貢献する看護専門職者を育成します。

③地域家族子育て支援看護

小児難病患者の在宅ケアを中心に、小児疾患患者が家族とともに地域で生活するための支援を意図した研究を行う看護専門職を養成します。また、地域の子どもが健康に成長することを支援するために、地域の文化背景や特色を踏まえて、妊娠・出産・産褥期の女性への地域生活の支援や、育児中の保護者の健康支援を意図した看護の研究的視点を持つことで、子育てを行う家族はもちろん、それを取り巻く地域をサポートする実践力のある人材を育成します。

④ 国際地域看護

海外での看護活動を想定し、対象者の文化・社会・生活の背景等とその国の医療・保健の状況を看護の研究的な視点で理解し、現地の看護職者とケアの協働実践ができる看護専門職の育成をめざします。また、増加する日本在住の外国人への健康支援も重要課題となっており、地域の中でより豊かな生活を送っていただくために、その文化的・社会的背景を踏まえた看護実践も期待されています。国内外を問わず、国境を越えたシームレスな看護力を備えた人材を育成します。

3.教育課程

看護学の研究的視点を持ちながら地域に浸透して自身の専門性を活かしたケアを構築し、地域とともに歩む実践看護者の養成をめざし、「基盤科目」「専門科目」「特別研究科目」と段階を踏んで学びます。その具体的な科目は以下のとおりです。
基盤科目 看護理論
看護研究方法論
Glocal Nursing Field Work
看護倫理学特論
保健統計学特論
看護病態学特論
看護教育学特論
地域包括ケア論
看護コンサルテーション論
フィジカルアセスメント論
専門科目 地域イノベーション看護論Ⅰ
地域イノベーション看護論Ⅱ
地域メンタルヘルス看護論Ⅰ
地域メンタルヘルス看護論Ⅱ
母性看護学特論
小児看護学特論
国際看護特論
国際地域保健展開論
看護教育育成演習Ⅰ
看護教育育成演習Ⅱ
特別研究科目 特別研究Ⅰ
特別研究Ⅱ

4.指導教員および教育・研究内容

指導教員 教育・研究内容
地域イノベーション看護 近田 敬子 ちかた けいこ 地域を志向した実践に関する研究、地域を志向した実践のための現任教育の在り方についてなどを研究テーマとして設定します。
矢倉 紀子 やくら のりこ 地域包括ケアシステムにおける保健師活動に関する研究やソーシャルキャピタルの醸成に関する研究などをテーマとして設定します。
田中 響 たなか ひびき 看護ケア向上の基礎となる教育的かかわりや地域づくり・地域リソース活性化のための取り組みに関する研究をテーマとして設定します。
地域メンタルヘルス看護 安田 美彌子 やすだ みやこ 地域メンタルヘルス看護に関する研究、アディクション看護に関する研究をテーマとして設定します。
地域家族子育て支援看護 前田 隆子 まえだ たかこ 母子保健・母子看護・家族看護に関する研究や女性のライフサイクル各期の保健などをテーマとして設定します。
小村 三千代 こむら みちよ 難病の子どもや家族の看護、その他、小児看護関連の研究をテーマとして設定します。
国際地域看護 荒川 満枝 あらかわ みつえ 感染症看護や感染管理看護に関する海外の現状に関する研究、日本在住の外国人に対する医療・看護の現状に関する研究、海外での医療援助活動に関する研究などをテーマとします。

5.社会人入学生への配慮

長期履修制度

社会人学生(現役看護職の方など)は、研究活動・学修活動の時間が限られ、年間に修得できる単位数にも限りがあることが想定されます。そのような方は、「長期履修制度」を活用することができます。「長期履修制度」とは標準修業年限2年のところを、3年または4年と予め設定して計画的に履修することができる制度です。なお、授業料については、標準の修業年限(2年)に支払うべき授業料総額を、あらかじめ設定した修業年限(3年または4年)で分割して支払うことが可能です。

夜間開講

授業は、履修する学生の勤務状況等を考慮し、平日の夜間及び土曜日開講、集中講義などを組み入れ学修しやすいよう配慮した時間割を設定します。

6.入学資格と入学試験

入学資格

4年制大学の卒業生、短期大学や専修学校の卒業生で一定の要件を満たす者 等
※上記一定の要件を満たす者に関しては、学生募集要項をご覧ください

入学試験

「一般選抜」および「社会人選抜」
出願期間 試験日 合格発表 手続期間
第1回 平成30年
10月18日(木)~10月25日(木)
平成30年
11月 4日(日)
平成30年
11月14日(水)
平成30年
11月15日(木)~11月30日(金)【必着】
第2回 平成31年
1月31日(木)~2月7日(木)
平成31年
2月17日(日)
平成31年
2月27日(水)
平成31年
2月28日(木)~3月11日(月)【必着】
※出願前に必ず「出願前相談」を行ってください。出願前相談については、学生募集要項をご覧ください。
※第1回の入学試験において定員を満たした場合、第2回の入学試験を実施しないことがあります。

7.募集要項

2019年度鳥取看護大学大学院 学生募集要項をダウンロードする [pdf:674KB]
※入学願書等の本学所定の用紙は、鳥取看護大学入試広報課(TEL 0858-26-9171)に請求してください。

8.学費(初年度)

90万円(入学金20万円、授業料60万円、教育・設備充実費10万円)

9.奨学金制度

下記の奨学金をはじめ、各都道府県および諸団体法人で運営している奨学金が利用できます。
名称 金額 種類
鳥取県看護職員修学資金 月額 8.3万円 貸与
※鳥取県内就業5年経過後、全額免除
日本学生支援機構奨学金 月額
〈第1種〉5万円、8.8万円
〈第2種〉5万円~15万円
貸与
〈第1種〉無利子
〈第2種〉有利子

10.修了後に想定する進路

  1. 各種医療機関または保健・福祉施設等において、最新のケア技術やエビデンスに基づいて優れた看護を実践する看護職者および看護管理者。
  2. 各種医療機関または保健・福祉施設等において、ケア環境の改善や看護教育および看護研究指導に携わる看護職者および看護管理者。
  3. 行政の場において、現行の法律・制度・政策を看護の視点で分析し、国民のQOL向上に向けた保健・医療・福祉政策に提言できる看護職者。
  4. 看護系大学・専門学校等の教育機関において、看護職者を育てる教育研究者。

11.パンフレットダウンロード

大学院のパンフレットをダウンロードする [pdf:9MB]

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ