トップページ > バックアップ > 看護学部看護学科 > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び

本学の教育課程は7分野からなり、それらを学年進行にそって段階的に学修できるよう配置しています。特に教育課程のひとつに「地域包括支援分野」を設け、地域における看護を重視していることが本学の特徴です。高度な看護ケアの修得はもちろんですが、さらに地域包括ケアシステムを軸とする看護実践を学びます。地域医療・在宅医療を支える看護職として、地域に貢献できる人材となることをめざします。 
4年間の学び
 

カリキュラム

区 分 科目名
1年 2年 3年 4年
基礎分野 学びの基礎
  • スタディスキル
  • 日本語表現
人文科学
  • 人間学
  • 心理学
  • 教育学
  • ホスピタリティ論
  • スピリチュアリティ論
  • 人間関係論
  • 文学
社会科学
  • 多文化共生論
  • 山陰論
日本国憲法
人権論
自然科学
  • 化学
  • 生物学
  • 統計情報処理Ⅰ
  • 統計情報処理Ⅱ
コミュニケーションスキル
  • 日本語表現演習
  • 英語A(基礎英語)
  • 英語B(英文講読)
  • 英語C(英会話)
  • 中国語
  • 韓国語
  • 手話
健康
  • 健康科学
  • 実践スポーツ
専門支持分野 人体の構造と機能
  • 人体の構造と機能A
  • 人体の構造と機能B
  • 人体の構造と機能C
  • 人体の構造と機能D
  • 代謝学・栄養学
  • 解剖学演習
疾病の成り立ちと回復の促進
  • 感染免疫学
  • 薬理学
  • 看護病態学
  • 看護病態学演習
  • 疾病論A(消化・吸収・血液)
  • 疾病論B(循環・泌尿・内分泌)
  • 疾病論C(母性・小児)
  • 疾病論D(脳神経・運動・精神)
  • 疾病論E(感覚・免疫)
  • 疫学
  • 臨床心理学
地域社会と健康支援
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉・社会保障論
  • 保健統計学
専門分野 専門基礎分野 基盤看護学
  • 看護学概論
  • 基盤看護技術A
  • 基盤看護技術B
  • 生活健康論
  • 看護ケア論
  • 生活健康論実習
  • 看護倫理学
  • 基盤看護技術C
  • 基盤看護技術D
  • 基盤看護学実習
専門実践分野 成人看護学
  • 成人看護学概論
  • 成人看護学援助論A
  • 成人看護学援助論B
  • 成人看護学援助論C
成人看護学援助論演習
  • 成人看護学実習A
  • 成人看護学実習B
地域連携・協働支援論
地域連携・協働実習
母子看護学
  • 母性看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学援助論
  • 母性看護学援助論演習
  • 母性看護学実習
  • 小児看護学援助論
  • 小児看護学援助論演習
  • 小児看護学実習
地域包括支援分野 地域包括支援看護学
  • 地域基礎看護学
  • フィールド体験実習
  • 老年看護学概論
  • 在宅看護学概論
  • 在宅看護学援助論
  • 公衆衛生看護学概論
  • 老年看護学援助論
  • 老年看護学実習
  • 精神看護学概論
  • 精神看護学援助論
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護学援助論演習
  • まちの健康論
  • 在宅看護学実習
  • 地域密着看護実習
看護統合分野 看護の統合と実践
  • 家族看護学
  • リスクマネジメント論
  • リフレクション論と実践
  • 災害看護論
  • 看護活動と研究
  • 生活リハビリテーション論
  • 国際看護論
  • 看護学統合研究
  • 看護管理学
  • 看護教育学
  • 看護総合
  • 看護学統合実習
保健師教育分野 公衆衛生看護学 公衆衛生看護活動展開論Ⅰ
  • 学校保健
  • 産業保健
  • 公衆衛生看護活動展開論Ⅱ
  • 公衆衛生看護活動展開論Ⅱ
  • 公衆衛生看護管理論
  • 公衆衛生看護活動展開論実習
  • 公衆衛生看護管理論実習
保健師資格必修
養護教諭二種資格必修
養護教諭二種資格選択(英語B・英語C・中国語・韓国語から1科目選択)

人間学 [ 1年次 基礎分野(教養)]

「人間とは」という問いに向き合いながら自身のこれまでを振り返り、今後の生き方のヒントを得る科目。思想家たちの人間観についても学びます。

人体の構造と機能A~D [ 1年次 専門支持分野 ]

看護対象となるヒトの身体理解をめざし、人体の構造と機能を医学の観点から学ぶ授業。さまざまな医療の専門用語を覚え、説明できるようになるのも目標です。

看護倫理学 [ 2年次 専門基礎分野 ]

看護観の育成に向けた人間観・健康観・地域観などを「看護倫理学」に織り込んで学習し、治療援助に関する「基盤看護技術」の習得へつなげます。

まちの健康論 [ 3年次 地域包括支援分野 ]

「まちの保健室」での活動を通じ、高齢者だけでなく、働き盛りの方々や青少年、女性特有の悩みをふくむ健康課題に寄り添うことができる看護知識をめざします。

看護学統合研究 [ 4年次 看護統合分野 ]

4年間学んだ看護学の集大成として、自分のテーマを定めて看護研究を行います。文献検討を行って研究計画書を作成するところから始め、結果の分析、論文作成、研究発表まで実践します。少数のゼミナール形式で、討論を重ねながら看護に対する視野を広げ、自分の看護観を明らかにしていきます。このプロセスをとおして、将来にわたって看護研究に向き合う力を養う科目です。

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ