トップページ > 訪問者別メニュー > 在学生の方 > 施設・設備の利用 > 学内情報機器・学内LAN設備等の利用

学内情報機器・学内LAN設備等の利用

本学では、学内コンピュータ・ネットワーク(LAN:Local Area Network)を運用しています。学内の情報機器及び学内LANシステムの利用については、以下のことを十分理解した上で活用してください。

1.コンピュータ、ブリンタ等の利用について

図書館サロン、教室に設置されているコンピュータ・周辺機器は、公共のものであり、個人のものではありません。学内LAN設備(教室・共有備品)の利用に関してはルール・工チケットを十分に
理解し、守ってください。守らない人には、在学期間中の学内ネットワークの利用を認めません。
  1. 長期休業期間(春・夏・冬)中はメンテナンスのため、予告なく閉鎖する場合があります。
  2. エアコン、照明、コンピュータは、利用後必ず電源を切ってください。
  3. 図書館サロン、鳥取短期大学内のコンピュータ室での飲食は、一切してはいけません。
  4. 印刷物は(失敗したものも含めて)持ち帰ってください。(プリント・キューに印刷イメージを残さず、キャンセルすること。)
  5. 故障、動作異常、ウイルス感染の疑いがあったら、すみやかにICT委員に連絡してください。その際、日時、場所、症状などをなるべく詳しく知らせてください。
  6. 他人のアカウントの利用、パスワードを他人に知らせること、各種設定変更、チャットを禁止します。
  7. データを保存する場合は以下の方法で行い、各コンピュータのローカルディスク(Cドライブなど)に保存しないでください。個人的データを発見した場合は削除します。
    (1) 自分のUSBメモリに保存する。
    (2) 共有フォルダに保存する。(パスワードを設定することをお勧めします。)
    (3) 自分のメールアドレスにデータを送信する。(過去のメールは定期的に削除してください。)
  8. 共有フォルダへのアクセス方法
  9. Windowsのエクスプローラで「\192.168.67public」とタイプしてから「ユーザ名」と「パスワード」を入力してください。

2.鳥取看護大学内の図書館サロンの利用について

  1. 印刷を行う場合は、本学事務室でコピーカードを購入して印刷をしてください。
  2. プリンタのトナーがなくなったら、すみやかに事務室に申し出てください。

3.鳥取短期大学内のコンピュータ室の利用について

  1. A307-A・A308・B202・B302教室は、授業時間以外に誰でも自由に利用することができます。ただし、プリンタの使用は、授業時間以外では一切してはいけません。
  2. B301室にはサーバ等が設置されており、学生は入室できません。

4.ユーザ・アカウントについて

本学では、学生全員に学内LANを使用するためのユーザ・アカウント(ユーザID、パスワード、個人のメールアドレス)を在学期間中は無償で貸与しています。
ユーザ・アカウントの発行は、ICT委員会が行います。
  1. ユーザ・アカウントの使用方法
    (1) ユーザID:学内LAN上で、利用者個人を特定して確認するための名前です。学生は、各人に割り当てられている学生番号 (半角数字7桁)+アルファベット小文字半角1文字(ランダム)がユーザIDとなります。ユーザIDは卒業まで変わりません。教室コンピュータのWindowsでのログイン時と学内のWiFiアクセスポイントへの接続の時に使います。
    (2) パスワード: 学内LAN、学内のWiFiアクセスポイントとメールを利用する個人毎の暗証番号です。もし、パスワードを忘れてしまった場合は、ICT委員に確認を行ってください。
    (3) メールアドレス: アドレスは、以下のようにユーザIDとドメイン名より構成されます。@(アットマーク)後は、固有ドメイン名であるため、変更できません。
    ユーザID@ns.tcn.ac.jp
  2. Webブラウザで「https://ns.tcn.ac.jp/tcn/」とタイプしてから「ユーザ名」と「パスワード」を入力するとメールの送受信ができます。また{「設定」→「フィルター」欄の「十」→「フィルター名」に「転送」と入力し、「すべてのメッセージ」を選択→「以下の操作を実行」のプルダウンメニューより「次のメールアドレスに転送」を選択→テキストボックスに転送先のメールアドレスを入力(注:必ずすべて半角文字で入力、全角文字が混じると正常に転送ができない。特に@に注意)→テキストボックス右側の「十」→追加された行のプルダウンメニューより「Keep message in inbox」を選択→「保存」→「フィルター」欄に「転送」が追加されたことを確認} とすることで携帯電話のメールアドレスに転送できます(チェックしましよう。うまくいかない時は必ずICT委員に相談すること)。
    ただし、パケット定額制契約であること。また、転送先のアドレスを変更するたびにこの操作を必ず行って下さい。
  3. 学内では、コンピュータをユーザIDとパスワードで利用します。

5. WiFiの利用について

  1. WiFiの利用を希望する場合は、利用申請を行ってください。
  2. WiFiアクセスポイントは、利用機器のMACアドレス、OS名とバージョン、ワクチン名とバージョン、VPN名とバージョン等の情報を利用申請書により提出後、システム側で確認されれば利用できます。
  3. WiFiに接続するには、WiFiアクセスポイント(tcn)を選択し、学内LANを使用するためのユーザID、パスワードを入力し接続してください。ただし、Android機器で接続できない時には、認証方式を明示的に「MSCHAPV2」を選択、「CA証明書」を「検証しない」を選択してください。
  4. 機種変更及び新たに機種を追加する場合は、その都度利用・廃止申請を行ってください。
  5. OSやワクチンは、定期的に最新のものに更新する、必要に応じて新規に別のワクチンをインストールするなどして、セキュリティ対策に努めてください。
  6. オープンなWiFi利用時(空港、ホテル等でのWiFi利用時)は、必ずVPNアプリを利用してください。

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ