トップページ > 就職・国家試験 > 国家試験対策

国家試験対策

入学早々の学修から国家試験や就職に至るまで教職員が学生個々に最適なサポートをし続けます

目標とする“全員合格”に向けて教員が4年間を通じて支援する

国家試験対策看護師・保健師の国家試験は、毎年2月に実施されます。受験資格は、卒業見込みの4年生にあたえられます。このとき重要となるのが、卒業要件を満たすにふさわしい学習内容です。そのために1年次から継続して主体的に学び、学んだことを統合しながら単位取得を重ねていけば、国家試験の合格は確実となるでしょう。合格をさらに確実なものとするために2年生から始まる進度別国家試験模試をはじめ、カリキュラム外の特別講座、学生国家試験対策委員による学生主体の勉強会、チューター・担任・科目担当教員からのサポートなど手厚い支援を行い、全員合格をめざします。

合格の決め手となる授業の充実に休暇中の特別講習や学外模試などを加え学年全員の国試合格を実現します

矢倉 紀子■看護職育成委員会 委員長 / 保健師教育分野 教授 矢倉紀子
看護師・保健師の国家試験は、日頃の授業を通じて得る知識によって合格できます。しかし、それには知識を定着させる自主学習が不可欠であり、本学ではクラス担任やチューター教員の日常的な意識づけにより、学生の自ら学ぶ姿勢を高めています。また、試験に多く出題される解剖学や生物学を専任教員が熱心に教えているのも本学の強みに他なく、質問も気軽にできます。これらに学外実習での実体験を重ねて、知識を根本的な“理解”へと深めます。4年間で計8回におよぶ模試や夏期・冬期の特別講習もあり、合格に向けたサポートは“万全”と自負しています。

看護師・保健師 国家試験対策の主なプログラム

1 年次

  • 4年後の国家試験受験に向けた本学の取り組み(対策)に関するガイダンスを実施、自主学習への意識を高めます。

2年次

  • 低学年生を対象とする国家試験の学外模試を受験、解答の解説をふくむ学習方法に関するガイダンスを行います。

3年次

  • 看護師国家試験の問題集を全員が購入、講義・演習・実習と連動した活用法に関するガイダンスを行います。
  • 看護師国家試験の学外模試を6月と3月に受験、結果に基づく個別指導を行います。

4年次

  • 保健師国家試験の問題集を購入、同受験に関するガイダンスを実施します。
  • 看護師国家試験の学外模試を3回、保健師国家試験の学外模試を2回にわたって受験、結果に基づく個別指導を行います。
  • この間、学外の国家試験対策専門講師による夏期講習と冬期講習を実施します。


国試対策1 国試対策2 国試対策3



Facebook twitter



fixedImage
ページトップ