鳥取看護大学

トップページ > 訪問者別メニュー > 在学生の方 > 学生生活 > 健康生活(保健室)・相談窓口

健康生活(保健室)・相談窓口

健康生活(保健室)

保健室には、学内で発生した負傷・疾病等の応急処置を行ったり、休養できる設備を整えています。
学生の心と身体の健康全般をサポートします。
心身に不安を感じたときは利用してください。

定期健康診断

本学では、学校保健安全法に基づき毎年4月に定期健康診断を行います。 病気の早期発見と、自分の健康状態を把握するためにも必ず受けてください。 この健康診断を受けない場合、就職や実習などに必要な健康診断書を発行することはできません。 精密検査を必要とする学生には、直接本人に連絡します。

保険証

自宅外通学の学生は、思わぬ病気やけがに備えて保険証を用意しておきましょう。 カード式の保険証に切り替わっていない場合は、保護者の保険証とは別に「遠隔地被保険者証」を用意しましょう。 手続きは、在学証明書を添えて保護者の健康保険証取扱機関に願い出ます。

学校医

医療法人社団 西田内科
倉吉市上井町1丁目142
TEL 0858-26-6205

相談窓口

学生生活の相談

大学生活ではこれまでと違った楽しさが数多くありますが、その反面、将来のことや人間関係など、さまざまな悩みを経験することでしょう。そのような時は、担任やチューターの教員、保健室の養護教諭のところに相談に行きましょう。研究室・保健室で相談を受けています。相談に来たあなたを温かく迎えます。また、臨床心理カウンセラーにも相談することができます。どうぞ気軽に相談に来てください。もちろん、秘密は厳守します。

■カウンセリングを希望するときは
  1. 担任やチューターの教員をとおして、または直接保健室で申し込む
  2. Eメールを利用して申し込む gakusei2@ns.tcn.ac.jp

ハラスメント相談

本学では、すべての学生が個人として尊重され、ハラスメントのない環境のもとで学ぶ権利を保障することを目的として、「鳥取看護大学・鳥取短期大学ハラスメントの防止等の規程」が制定されています。
ハラスメントへの対応により、学生が修学上の(課外活動・実習を含む)環境が害されたり、不利益を受けたりすることを防止します。
禁止される「ハラスメント」とは、学生および教職員等が他の学生および教職員等を不快にさせる言動、性別により差別しようとする意識にもとづくもの、立場の上下関係、力関係による不利益な扱いなどをいいます。
ハラスメントを受けた人、目撃するなどして不快に思う人、困っている友人から相談を受けた人は、チューターや担任の教員、学生係、保健室のいずれかの相談窓口に申し出て相談することができます。相談は直接の面談のほか、電話、ファックス、手紙での投書、Eメールなど任意の方法によることができ、やむを得ないときには匿名のままでも相談することができます。
「これはハラスメントだ」と思う行為を受けたとき、または見たり聞いたりしたときは、できるだけ早く相談してください。相談の秘密は厳重に守ります。

■ハラスメント相談をするときは
  • チューターや担任の教員、学生係、保健室へ直接相談
  • 電話、FAX、手紙での投書、Eメールなど
    TEL:0858-27-2800
    FAX:0858-27-2803
    メールアドレス:gakusei2@ns.tcn.ac.jp
※匿名でも構いません。

悪徳商法など

学生を狙って、高額な商品やサービスの購入を契約させるなどの悪徳商法やマルチ商法の被害が多発しています。最近では特に、身に覚えのない携帯電話の電話料金、登録料金の請求や、インターネットショッピングなどをめぐるトラブルも多発しています。しっかりと知識を持って判断、行動してください。不審に思ったとき、被害にあったときは、一人で悩まず、早急に学生係、または最寄りの消費生活センターに相談してください。

■鳥取県消費生活センター
https://www.pref.tottori.lg.jp/shohiseikatsu/
お問い合わせ先

保健室

所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
TEL:0858-26-1811(代)
FAX:0858-26-1813


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ