鳥取看護大学

トップページ > 訪問者別メニュー > 在学生の方 > 緊急時の対応 > 緊急時の対応(地震・火災)

緊急時の対応(地震・火災)

日頃から一人ひとりが防災意識を高く持ち、家庭、大学等で地震や火災が起きたときの対応や安全避難場所について話し合い、普段から災害を想定してシミュレーションすることは、災害時の状況判断のためには大切です。
学生のみなさんも常日頃から以下のようなことに留意し、いざというとき冷静に行動できるように心がけてください。
 
  • 日頃から、避難経路、非常口、建物の配置状況を熟知しておいてください。
  • 地震の際は、落下物に気をつけて、机等の下に入るなど、身を守ってください。
  • 学内で火災を発見した場合は、周囲に大声で知らせてください。
  • 授業中に火災や地震が発生した場合は、あわてず、教職員や学内放送の指示に従って、行動、避難してください。
  • 避難の際、荷物は最小限にし、出入口には殺到しないでください。また、エレベーター内で地震に遭ったらただちに最寄りの階で降りてください。万一閉じ込められたら、非常ボタンを押して冷静に待っていてください。(携帯電話があれば外部に連絡を試みてください。)

※前期オリエンテーション時に配付する「緊急時対応マニュアル」をよく読み、携帯してください。

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ