トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > 2019年度第7回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

2019年度第7回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

    令和元年10月16日(水)、爽やかな晴天のもと、鳥取看護大学にて「まちの保健室」を開催しました。参加者は25名でした。スタッフは、ボランティアは6名、学生は1年生6名、2年生3名で、教職員は5名でした。
    今回は、物忘れプログラムのタッチパネルをオプションで実施しました。継続してご参加くださっている方も多く、測定の合間はお話に花が咲き、また学生も参加者さんにいろいろお話を聞かせていただき、和やかな雰囲気でした。ミニ講話は、物忘れプログラムに関連して、「今日から始めるコグニライフ」というテーマで、認知症予防のための生活についてのお話でした。コグニライフは「認知機能を活性化する暮らし」のことで、日々の暮らしの中でやっている料理や家事を、ゲーム感覚で時間を短縮するなど課題を決めて取り組むことや、身体と頭を同時に使うことなど身近にできそうな内容で、参加者の方々は熱心に聴いておられました。
    「まちの保健室」では、これからもみなさまのご参加をお待ちしています。
    まちの保健室
    まちの保健室
    お問い合わせ先

    鳥取看護大学・鳥取短期大学 グローカルセンター

    所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
    TEL:0858-27-0107
    FAX:0858-26-9138
    e-mail:glocal@ns.cygnus.ac.jp

    「まちの保健室」の詳細はこちら

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ