トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > 2019年度第5回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

2019年度第5回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

    令和元年8月21日(水)、鳥取看護大学の交流ホールで、拠点型「まちの保健室」を開催しました。お盆明けとはいえ、まだまだ暑い中でしたが、22名のご参加があり、いつも来てくださる地域の方に混じって夏休み中の高校生4名が「まちの保健室」を体験しに来てくれました。これは、「鳥取看護大学・鳥取短期大学と鳥取県教育委員会との連携協力に関する協定」の締結により実現しました。
    この日は少々趣向を変えて、健康チェックの前に鳥取短期大学の生活学科食物栄養専攻の野津あきこ教授をお迎えし、「低栄養予防の食事」と題したミニ講話をお願いしました。日本人の食事摂取基準のBMIの目標値や、タンパク質や糖質、カルシウムの摂取や日光浴のお話などで、参加者のみなさんはメモを取りながら熱心に聞かれていました。またお話の後の健康チェックの結果とつなげていらっしゃる様子もありました。
    大学が夏休み中で、いつもの看護大生のボランティア抜きの開催でしたが、まめんなかえ師範さんと地域の参加者の方のお話が弾み、参加者同士でもお茶を飲みながら楽しい会話に花が咲いていました。スタッフとして参加した教員も住民の方々や高校の生徒さんと楽しい時間を過ごせました。
    高校生からは、「地域の方々とふれあう機会があってよかった」「今日学んだことを祖父母に伝えたい」「健康をテーマに地域の人々と関われる場所があることがわかった」などの感想が寄せられました。
    来月は9月18日(水)の開催です。みなさまのお越しをお待ちしています。
    まちの保健室
    お問い合わせ先

    鳥取看護大学・鳥取短期大学 グローカルセンター

    所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
    TEL:0858-27-0107
    FAX:0858-26-9138
    e-mail:glocal@ns.cygnus.ac.jp

    「まちの保健室」の詳細はこちら

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ