トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > 平成30年度第7回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

平成30年度第7回「まちの保健室(拠点型)」を開催しました

    秋深まり、朝晩気温が下がってきた今日この頃です。平成30年10月17日(水)に鳥取看護大学で「まちの保健室」を行いました。
    参加者は、21名で、そのうち1名の方が初めての参加でした。
    鳥取短期大学の野津あきこ先生による「認知症を防ぐ食事」というテーマのミニ講話が初めにありました。認知症を予防する栄養素など、今までの研究でわかっていることを、クイズも交えながら、具体的に例を挙げて説明され、みなさんメモをしながら、熱心に聴いておられました。栄養素を摂ることだけでなく、メニューを考えて買い物をすることや作ることなど、日常生活で脳や体を使うことも大事なのだと、わかりました。
    その後、計測と健康相談を行いました。参加者の方が、「いつも来させてもらって、身体のことがわかって嬉しいです」と笑顔で話しておられたのが印象的でした。スタッフの学生も積極的に参加者の方に声かけ、今後も、みなさんに喜んでいただけるような「まちの保健室」を行っていきたいと思います。
    まちの保健室
    まちの保健室
    まちの保健室
    まちの保健室
    お問い合わせ先

    鳥取看護大学・鳥取短期大学 グローカルセンター

    所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
    TEL:0858-27-0107
    FAX:0858-26-9138
    e-mail:glocal@ns.cygnus.ac.jp

    「まちの保健室」の詳細はこちら

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ