トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > 国際森林デーinとっとりで出前型の「まちの保健室」を行いました

国際森林デーinとっとりで出前型の「まちの保健室」を行いました

    「環境の森づくり」の輪を広げる取組の一環として、国際森林デー(毎年3月21日)に合わせて、植樹イベント「健康と温泉 森で創る癒しの植樹ウォーク」が倉吉市関金都市交流センターで開催されました。参加者は、41名と今年卒業した小学6年生たちです。関金の街をウエルネスウオーキング(心拍のコントロールをしながら健康的に楽しく街を歩きます)でおよそ3.8km歩きました。みんなで歩きながらその途中で、自分の心拍を測定し、160から自分の年齢を引き算した数値を超えないように歩くことをめざして、楽しく健康に歩くことができました。ウオーキングの後、桜の植樹を行いました。何年後かに、植樹した桜が満開になり関金の街を彩ってくれることを楽しみにして会が終了しました。本学は、「まちの保健室」で参加者のウオーキング前後で血圧測定を実施し、心拍の測定方法を指導しました。血管年齢も人気があり、みなさん楽しく測定できました。心拍をコントロールすることでウオーキングの後の血圧が下がっている人が多くみられました。倉吉市石田市長も駆けつけてくださり盛大な会になりました。
    倉吉市長
    健康チェック
    お問い合わせ先

    鳥取看護大学・鳥取短期大学 グローカルセンター

    所在地:〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
    TEL:0858-27-0107
    FAX:0858-26-9138
    e-mail:glocal@ns.cygnus.ac.jp

    「まちの保健室」の詳細はこちら

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ