鳥取看護大学

トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > まめんなかえ師範塾 第1期生閉講式挙行

まめんなかえ師範塾 第1期生閉講式挙行

    平成28年3月19日(土)、まめんなかえ師範塾第1期生20名のうち18名が、全5日間15講座の受講が修了し、修了証書と師範の看板が授与されました。残り2名は、後日追加講義を受講のうえ、修了予定です。

     

    ▽「まめんなかえ師範塾の看板」とともに記念撮影

    image1

    ▽授与式の様子

    image2

    image3

    ▽師範塾の看板

    image4

     

    最終日の講義では全受講生を2グループに分け、「模擬まちの保健室」を企画・運営してもらいました。各グループが交代で、利用者役と運営者役に分かれ、学んだすべての知識と、人生経験を生かされた声かけ対応が実施されていました。その様子から、今後の活躍を期待せずにはいられませんでした。

     

    ▽まちの保健室演習 1

    image5

    ▽まちの保健室演習 2

    image6

    ▽まちの保健室演習 3

    image7

    ▽まちの保健室演習 4

    image8

     

    「模擬まちの保健室」の最終コーナーでは、受講生によるミニ講演も行いました。笑いあり涙ありの講演は、人生経験豊かなみなさんの力でしかなし得ない内容でした。1期生のみなさんは、地域の健康リーダーとしてふさわしい人材の集団であると痛感させられました。

     

    ▽ミニ講演の様子 1 

    image9

    ▽ミニ講演の様子 2 

    image10

    ▽ミニ講演の様子 3 

    image11

     

    5日間の研修の中で、絆とチームワークもしっかりと築かれました。そして、わたしたち教員を「鵜匠」と称し、1期生を「鵜」と自称しておられました。しかし、修了してみるとわたしたち教員が「鵜」であるのでは、と気づかされました。

    研修を通して、「まちの保健室」の実施のイメージと、今後の自分たち1期生の活動計画もイメージをされていました。

     

    ▽グループワークの後で

    image12

    ▽グループワークの様子 1 

    image13

    ▽グループワークの様子 2

    image14

    ▽グループワークの様子 3

    image15

    ▽グループ発表の様子 1 

    image16

    ▽グループ発表の様子 2

    image17

    ▽グループ発表の様子 3 

    image18

    ▽チームワークバッチリの「鵜匠」と「鵜」

    image19

     

    修了後の感想では、「大学教員のイメージが変わった。もう少し若かったらこの大学で学びたい」という声をいただき、わたしたち教員も新たに頑張る力をいただけました。

    このような機会とご縁を1期生のみなさんからいただき、わたしたち教員一同、感謝しております。

    これから1期生のみなさんと一緒に「まちの保健室」をますます発展させていけることを、楽しみにしています。そして、2期生3期生と、みなさんの後輩を養成していきたいと考えています。

    1期生のみなさんこれからもよろしくお願いします。そして、本当にありがとうございました。

     

     

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ