鳥取看護大学

トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > お知らせ > 「まちの保健室(出前型)」を開催しました

「まちの保健室(出前型)」を開催しました

    平成28年3月13日(日)、鳥取市河原町中井で、「いなば西郷むらつくり協議会」と「西郷郵便局」合同企画の、「まちの保健室 IN 西郷」に、出前をしてきました。

     

    image1

    △会場前の様子

     

    まちの保健室が、初めて鳥取市へ出かけるということで、平井鳥取県知事、林副知事、健康政策課の、細川課長・盛田課長補佐、窪田鳥取市河原支所長も視察に来られるなど、注目度が高いものでした。

     

    image2

    △視察されるみなさま

     

    また、当日は開催の1時間半前に地域のスタッフのみなさまをはじめ、公民館長様、村つくり協議会長様も、準備を済ませ待機してくださいました。本当に、注目度以上に地域の住民の期待の高まりを感じました。

     

    image3

    △むらづくり協議会スタッフの皆様

     

    平井知事より、「健康であることは条件である」というお言葉をいただき、近田学長からは、「健康の維持と増進のお手伝いできるような役割の場と考えている」というお言葉をいただきました。

     

    image4

    △お言葉を述べられる平井知事

     

    この日は、県と市の保健師さんも1名ずつ参加してくださり、44名の地域の方の健診を、盛況のうち無事に終了しました。当学の学生も3名参加してくれ、地域の方との交流に花を添えてくれました。

     

    image5image6

    △活動中の学生たち

     

    ミニ講演では、「ちょっと気になる認知症の話」と題し、稲田千明助教から、講演と、予防の運動を教わりました。みなさん大変な盛り上がりで運動に取り組まれ、きっと今ごろ西郷地区では「認知症予防トレーニング旋風」が起こっていることと確信しております。

     

    image7

    △熱心に講演に聞き入る地域の方々

    image8

    △予防運動で盛り上がる会場

     

    これからますます健康に過ごせるよう、私たちの活動がお役立に立てれば幸いです。

     

    ●お問合せ先
    鳥取看護大学 TEL 0858-27-2800

    「まちの保健室」の詳細はこちらでご確認ください

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ