GPA制度

1.GPA制度について

本学では、成績の総合的な基準として、GPA(Grade Point Average)を取り入れています。GPAは学生への成績通知書に記載され、学生指導、CAP制、各種申請や表彰等の要件として利用します。
この制度では各授業科目の5段階の成績評価に対応して、評点を意味するGP(Grade Point)が付与されます。付与されたGPに単位数を掛け、その総和を履修登録単位数の合計で割ることで、履修科目の成績評定平均値を意味するGPAが算出されます。

(1)GPの付与基準

成績評価
(90~100点)

(80~89点)

(70~79点)

(60~69点)
不可
(59点以下)
GP 4 3 2 1 0

(2)GPAの計算式

GPAは、学期単位のGPA(学期GPA)と入学時から当該期までのGPA(通算GPA)に区分して、以下に定める方法により計算されます(小数点第3位以下は四捨五入)。

学期GPA=
(当該学期の履修登録科目のGP×当該科目の単位数)の総和
当該学期の履修総単位数
通算GPA=
(在学全期間の履修登録科目のGP×当該科目の単位数)の総和
在学全期間の履修総単位数

(3)GPAの算出対象科目

GPAを算出する授業科目は、5段階の成績評価によって成績を受けた卒業要件に参入されるすべての科目です。
ただし、以下の科目はGPAの算定に含まれません。
  • 編入学または転入学した際の単位認定科目
  • 本学入学前に修得した単位認定科目
  • 他大学との単位互換等で修得した科目
  • 資格等の試験合格による単位認定科目

2.GPAによる学習成果の評価

GPAは各学生の学習成果を把握する指標としています。また、全学的に集計、分析することによって、学習成果を測定する方法の1つとしています。
※2019年度以前入学生の学習成果の評価は、成績評価を点数化し全科目の合計点の平均を算出します
(1)学期評価
  (当該学期の履修登録科目の成績評価の点数※1)の総和
   ÷当該学期の履修登録科目数
(2)通算評価
  (在学全期間の履修登録科目の成績評価の点数※1)の総和
   ÷在学全期間の履修登録科目数
※1 100点満点で点数化
注1)対象科目は卒業要件に算入されるすべての科目とします。
注2)履修を放棄した科目は評価に算入されません。
注3)科目を再履修した場合の再履修前の不合格評価についても通算の評価に算入されます。

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ